座椅子とは

座椅子とは、日本の特有のもので、日本の和室だけで用いられる脚のない座る椅子である。

座椅子は、大抵背もたれの角度が調節できる。 リクライニングが利くので、和室でくつろぐ際に一般家庭で良く使われる。

座椅子にも様々な種類が存在する。
ただの座椅子、ひじ掛けのついた座椅子、回転する座椅子、背が高い座椅子、形が変えられる座椅子などある。

ひじ掛けのついた座椅子は、その名の通り、ひじ掛けのある座椅子のことである。
回転する座椅子とは、座る部分の下に回転台が付いているもののことである。
背が高い座椅子とは、高座椅子と呼ばれ、ちょっとした脚がついている座椅子である。
形が変えられる座椅子とは、様々な所にリクライニング、曲がる素材が使われ、自分の体に合った形にできる。

ネックレスト、腰当などのクッションが付いているものもある。
座椅子にフットレストが付いているタイプもある。

座椅子にもいろんな素材が使われており、革、布、木材、ファーなど様々である。
最近では低反発というものが流行っている。 低反発とは、クッションに力を入れた際に、ゆっくりクッションが元に戻ることである。 低反発は身体にかかる負担が少ないとして人気になっている。 リラックス効果も低反発にはある。

Copyright(C) 座椅子とは All Rights Reserved.